• トップ /
  • 葬儀の服装のマナーとは

葬儀の服装のマナーは

葬儀の服装のマナーとは

抑えるべき葬儀の服装の注意点

故人を偲ぶ葬儀において、遺族に不快感を与えないようにするためには様々なマナーを守る必要があります。そしてこれは、服装においても同様です。まずスーツ等の服装にはモーニングや和装等の「正装」とブラックフォーマルなどの「略式」とあります。葬儀の場合は遺族・親族の方が格上となります。参列者は格下となるよう、「略式」の服装を選ぶようにします。次に葬儀の際の服装ですが、基本的に肌はできるだけ見せないようにするのがマナーとされています。そのため、ノースリーブや半袖の服は避けるようにします。男性の場合は黒色のスーツに白いネクタイ、女性の場合は黒のワンピースやスーツが一般的です。また、葬儀の場において避けるべきなのが、「毛皮」「金属」「2重以上のネックレス」です。「毛皮」は動物を殺すことで得られるものです。そのため、毛皮は「殺生」を連想させるものとして、避けるのがマナーとなっています。ただし、靴に関しては「合皮」なら許される範囲内とされています。葬儀の場では派手なものは避けるべきなので、「金属」はつけないようにします。アクセサリーはもちろん、ネクタイピンも外します。そして女性の場合、真珠のネックレスはつけても平気なのですが、何連にもなっているものだと「不幸が重なる」という意味にとられるため、1連のものにします。

↑PAGE TOP