• トップ /
  • 葬儀の受付をするときのマナー

葬儀の受付のマナーは

葬儀の受付をするときのマナー

葬儀の受付では公平な対応

人は生きている間に、家族や親せき、仕事上のお付き合いや趣味の交わりなど、多くのかかわりを持ちます。そうした交流のある人たちが一堂に会する機会はめったにありませんが、葬儀は故人との別れのために、縁のある人が一堂に会する最初で最後の機会です。葬儀の受付は、葬祭業者に依頼することもありますが、故人に世話になった人や、遺族の友人・知人などが勤めることも少なくありません。葬儀の受付に、故人の関係者が立つメリットの一つは、お香典などで多額の現金を扱うことがあります。多くの人にとって、葬儀で葬祭業者を利用する経験は限られているため、依頼するのは初めてです。短時間で多くの人が出入りする葬儀の場で、現金を扱う際の万一のトラブルを避けるために、葬祭業者としても受付は故人の関係者で用意してもらうことを好みます。もう一つ、より大きな目的は、故人の関係者がお手伝いをすることで、会葬者に故人の人望を感じさせる効果もあります。受付をする際のマナーは、公平な対応を心がけることです。会葬者は老若男女、さまざまな人が訪れる中で、自分が会ったことがある人だけでなく、初めて会う人も当然います。その誰もが、故人を偲ぶために訪れているので、自分が知っている人とだけ長話や丁寧な対応をして、他と差別が生まれないようにするのがマナーです。受付のマナー次第で会葬者の印象も異なるので、故人の生前の恩に報いる機会を有効に使います。

↑PAGE TOP