• トップ /
  • 遺族にとっての葬儀の意義

遺族にとっての葬儀

葬儀の際の挨拶のマナー

遺族にとっての葬儀の意義とは

人は誰でもいつか他界しますが、葬儀では、喪主など、故人と近しい人ほど会葬者を迎えたり、事務手続きなどに忙殺されます。 人には、家族・親戚のほかに、仕事や学校の付き合いや趣味の交わりなど、さまざまな縁がありますが、生前にそれらゆかりの人がすべて集まる機会はめったにありません。葬儀では、あらゆる交わりの人が一堂に会するため、日ごろ疎遠の人が再会したり、これまで会う機会がなかった人が出あうこともあり、その出会いは故人から遺族へのプレゼントです。

気になる最近の葬儀事情は

近年の葬儀事情は、広く案内をして多くの会葬者にきてもらう葬儀のほか、家族など近親者のみで執り行う家族葬が増加しています。家族層のメリットは予算の変動が少なく、日程の調整がしやすいことをはじめ会葬者への気遣いなどに煩わされることなく、心から故人とのお別れの時間を過ごすことができることなどがあります。一方、弔問できなかった人から苦情を言われたり、後日、ばらばらに弔問に来られるなどのデメリットもあります。家族葬は、本葬とセットになっている密葬とは異なり単独で行われます。

↑PAGE TOP