葬儀の挨拶はシンプルに

通夜や葬式の場で喪主や遺族に対する挨拶をお悔やみの言葉と言います。葬儀の流れや服装同様に、挨拶にもマナーはあるので注意が必要です。ポイントは「シンプルに述べる」ということ。遺族たちは悲しみにくれていて参列者対応もままならないでいる状態でしょうから、「このたびはご愁傷様でした。謹んでお悔やみ申し上げます。」などの決まりきった挨拶で十分なのです。なぜ亡くなられたのか死因を詮索したり、いろいろと長々と声かけするのはマナーに反するのでやめておきましょう。忌み言葉を使わないというのも葬儀の場での最低限のマナーです。「心よりご冥福お祈りします」や「哀悼の意を表します」などいくつかパターンを知っておくと、前の人と完全にかぶることなくスムーズに挨拶できるでしょう。あとは、たとえ仲の良い方や取引相手などを見つけても話が盛り上がったりすることなく、名刺交換などを始めることもなく、葬儀の場であることをわきまえて、神妙にしておくようにしましょう。とはいえ、最近は家族葬なども増えています。長寿を全うしての葬儀であれば、親戚同士これからも絆を深めていきましょう、という意味を込めて、羽目を外さない程度には楽しく過ごすのもよいものです。場の雰囲気に合わせて対応できるといいですね。

↑PAGE TOP